cafe + cooking class Food Labo

laboism.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2017年 11月 09日

ブログ引っ越しします


ブログ引っ越しのおしらせです!
新しいアドレスはこちら


AKI TSUGITANI 食と心と身体の FLOW LIFE
https://ameblo.jp/thenextvalley/



登録よろしくおねがいします〜



AKI TSUGITANI

[PR]

by foodlabo_ism | 2017-11-09 09:36 | お知らせ
2017年 11月 04日

さらけだすのは汚さと良さと変な汗と思いがけない涙

______________________________________

野口整体(勉強中&自主的自由研究中)
さとう式リンパケア
(さとう式リンパケア初級+上級、MRT基礎、MRT応用講座修了、
セルフケアマスター講座修了)
心屋リセットカウンセリング(学び始めたばかりです)
その他諸々。
食と心と身体。
点と点を結ぶ線のための私的メモ。
あくまでも個人的な解釈、記憶、記録です。
_____________________________________


先週から心屋マスターコース受講がはじまりました。
お店を辞めてからも、いろいろとやってますが、
たぶんこれがメインイベントかもしれません。
時間とお金と情熱を思いきって自分のために
注ぎ込むことに決めた向こう7ヶ月14日間の講座です。

もともと心の分野のことは好きだったし興味もあったんですけれど、
どうも、やはりこう目に見えないものを語る分野って、
怪しく思われるんではないか、、とか思って、
あまり人には言わなかったんですよ。

でもやっぱりお店をしながらも、
やはりその分野のことはずーーっと気にはなっていたし、
好きなように仕事をしていた私なりにも、
「もやもやするいろんな思いや悩み」
なんてのが人並みにはありましたから
それをすっきりさせたいっていう気持ちもあったわけです。



そしてもうひとつ。
おぼろげながら見えているイメージがあって、
「食と身体と心の三角形」
3つの要素がどれも双方向に行き来している三角形。


食を変えれば身体が変わるし、
身体が変われば食が変わる。

身体を整えれば心は落ち着くし、
心が落ち着けば身体の調子も整う。

心のありようが変われば食べ方が変わる。
食べ方が変われば心のありようも変わる。


たとえば、
「食→心」なら、
酢の物など酸味のものを取ると、
副交感神経(リラックス)が優位に立つきっかけになるよ。
逆もまた然りで、
気合い入れたい時に、ちょっと意識的に塩分とって
交感神経をピッと立ててやるか〜!
とか、いろんな考え方と可能性があるはずなんですよ。


「心→身体」なら
心がざわざわイライラ興奮していると身体もギュッて力が入ってガチガチ、
脈も血圧も高くなるんだよたしか。
でも逆に、じゃあってことで、
極端に身体を緩めすぎて過度のリラックス状態ってのも
心が伸びきってしまってやる気や行動力が出てこないとか
アレルギー症状が出やすくなってしまうとか。
そんな影響が出てくる。


「身体→食」
身体が交感神経オンの興奮状態だと食欲がすごく激しくなるよ。
たとえばがむしゃらに運動をがんばると抗えない食欲と戦うことになるよ。
逆に、身体が適度にリラックスして副交感神経が優位に立つと、
食欲ってのが収まるんだよ。

とかね。


双方向にフローが成り立つ三角形。
おぼろげにそんな形がイメージとして浮かんでいます。

その「心」の分野の学びが始まったということで、
これからぼちぼちその辺のことも書いていこうかなと思っています。


17年の料理中心生活から大きく舵を切って、
その方向転換(食からいきなり心とか身体とかへ)ぶりに
びっくりするかたも多いんですが、
私の中ではさっきの三角形がおぼろげに見えていて、
小説に例えれば、
ストーリーのテーマとしては、同じものがまだずーっと続いていて、
起承転結の「転」あたりですかね。いまは。
「転」は、いろんなことがぐいぐいっと動き出す場面です。


心屋マスターコースの
(自分を吐き出す変な汗と涙の怒濤の)1日目と、
(涙も汚さも良さもさらけ出す怒濤の)2日目を終えて、
さっそく、そんな「転」らしいぐいぐい感が満載です。

長くなったので、
その辺のことはまたおいおい。

AKI TSUGITANI









[PR]

by foodlabo_ism | 2017-11-04 12:11 | 食と身体と心