cafe + cooking class Food Labo

laboism.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2017年 10月 21日

2017年10月22日(日)「雨間のマチネ」@mackarelsky

こんばんは〜!

ギリギリの告知になりましたが、
明日の「オレンジフェスタ2017」は台風の影響により中止となりました。

が、!

が、、!!

場所を変えて、「雨間のマチネ」という楽しげなイベントが開催されます!
開催場所は、熊取町のmackarelskyです。
11時から16時まで。

美味しいお菓子にコーヒー、手作りのものやらライブもあります。
f0110760_19373431.jpg
わたしは今回フードではなく、
「The Next Valley」として、
自作のリネンタオルや布小物、オリジナルのレターセットなどを少しですが販売します。
(↑写真はリネンタオル)

あいにくのお天気ですが、お気をつけてお立ち寄り下さいね。
なお、駐車場には限りがありますのでお車はできるだけ乗り合わせてお越しくださいませ。


ではまた明日、
楽しいメンバーと一緒にみなさんのお越しをおまちしています!
雨間のマチネでリラックス。

AKI TSUGITANI

[PR]

by foodlabo_ism | 2017-10-21 19:41 | 日常茶飯事
2017年 10月 05日

Orange Festa 2017 @井川みかん園

こんにちは!

Food Labo 、
10月もおでかけしますよ。

芝生にすわって、ねころんで、
音楽聴いたり、みかんを食べたり、
おいしいものや楽しいもののお買い物を楽しんでみたり。

家族みんなで楽しめるのんびりゆったりなイベントです。
秋のはじまりの一日、井川みかん園へ。ぜひ。
f0110760_14355830.jpg

●Orange Festa 2017●

日時  2017年10月22日(日)雨天中止
 OPEN 10:00
 START 13:00
    CLOSE 16:00

会場  井川みかん園 大阪府貝塚市三ヶ山396

入園料 800円(駐車場無料)

ARTIST
dracaena / ヒトリバンケット / FooTooThe9 / ふたりゴーシュ

FOOD & DRINK
cafe unji / nimbus coffee / Food Labo

SHOP
omou / canvas & co. / Honey Brown / Hug


AKI TSUGITANI





[PR]

by foodlabo_ism | 2017-10-05 15:52 | ケータリング
2017年 10月 05日

乾燥と水分

______________________________________

野口整体、さとう式リンパケア、その他諸々。
点と点を結ぶ線のための忘備録。
あくまでも個人的な解釈と記憶です。
_____________________________________



この10日ほど、ひさびさに鼻がぐずぐず。
鼻の粘膜が乾燥してくる毎年9月下旬になるとこうなる。

今日の大阪の湿度をしらべてみたら、58%。



湿度が58%を下回ると身体の水分は皮膚からどんどんうばわれていくのだそう。

ちなみに大阪での平均湿度は
冬場 60%前後
夏場 70%前後
夏のエアコン時などは20〜40%くらいらしい。


ただでさえ、ふつうに生きてるだけで、
不感蒸泄(汗とか以外)とかいって、
皮膚や気道から蒸発する水分は成人安静時で一日に700〜1000mlくらい。


この秋冬の乾燥の時期に、
うるおい(水分)をいかに身体に確保しておけるかどうかが、
(春の花粉症や夏の熱中症など)翌年の身体の状態を決める要因だといわれています。


じゃあ、
やみくもにがぶがぶなんでも飲めば良いのか。
というとそうではなく、

秋口は、少し塩分を含んだあたたかい汁物。
(みそ汁やスープ、つゆをはったうどんや鍋物など。このへんは野口整体的にはよく言われます)
11月過ぎて本格的に空気が乾燥してきたら、白湯。
真冬の寒の入りの頃は、常温の水。

どれもがぶがぶ飲むのではなくて、ちびちびこまめに。



もし本格的に身体が乾いてきてしまったら、
冷たい水を(常時ではなく)頓服的に飲む。

水分は主に腸で吸収されるので
腸まで素早く到達する冷たい水でとりあえずの急場をしのぎます。
ま、これも
がぶがぶではなく冷静にちびちびです。


身体が乾くというのは例えばどんなふうになる?

1)そのシーズンの感じで言えば、
静電気が起きる
唇や皮膚がカサカサと乾燥する
鼻が詰まったり鼻水がでる(鼻の粘膜がそれ以上乾かないように湿らせたりふたをしたりしている状態)←今のわたしコレ。
インフルエンザなどにかかりやすい

2)次のシーズンなど長期的に言うと、
アレルギーなど(代謝が悪く排泄や排毒がうまく進まない状態)
熱中症や脱水症状(もともと乾いた身体が、さらに汗で水分を奪われる)などになりやすい


など。
もっと長期的に言えば、皺が深くなる。とかもありそうです。
潤いがなくなる=干からびる=老化
ですわ。


水分といっても、
お茶、コーヒー、アルコールなどは
利尿作用があって、ここでいういわゆる「水分」にはカウントされません。
っていうか、むしろ利尿作用があるからどんどん乾く方向系。

しかも
「アルコール」という身体にとっての異物を
分解解毒し代謝するためには多量の水分を要するのであります。
(ザーザー水を流してきれいに洗うイメージかな。)

そういう意味では「薬」も「アルコール」に同じで、
代謝するにはたくさんの水分が必要なのだそう。

ちょっと変わったところでは、「食べ過ぎ」っていうのも
身体が乾燥する一因とよく言われます。(特に整体系ではよく言われます)



このあと春夏期の、身体のベースとなる潤いを増すには、
いよいよ空気が乾燥してくる秋冬にいかに水分を取るか。が、鍵。
いまがその時ってことです。


それでですね、
水分の取り方にクローズアップして
あれこれ書いてきたわけですが、

最後にもひとつ大事なこと。

いくら水分を取っても身体をある程度動かさないと
体液は巡らないため水は身体に染み渡らない(!)
体液は筋肉の進展と収縮のポンプ作用によって
よりダイナミックに巡るわけです。


そういうわけで、
うまく水分取って、ちょっと身体も動かして、
いよいよ潤い大作戦のシーズンインです。

AKI TSUGITANI







[PR]

by foodlabo_ism | 2017-10-05 15:51 | 食と身体と心