カテゴリ:ケータリング( 38 )


2010年 02月 14日

HOODS OSAKA リニューアルオープン レセプションパーティー

先日、南堀江へケータリングに行ってきました。

今回の依頼主は、「HOODS大阪」さん。
NEIGHBORHOOD大阪から、HOODS大阪へ。
リニューアルオープン レセプションパーティーでのフードです。

今回のは、お馴染みのメニューに加え、
ちょっと新しいものも並べてみました。


■プチトマトと生ハムのピンチョス
ケータリングではおなじみのメニュー。
ころんと丸いフォルムと赤い色が、こういう場には映えるので、よく登場させます。
ジューシーなトマトと生ハムの塩気がいい感じの組み合わせ。
f0110760_1994944.jpg



■ブラックオリーブとイカのピンチョス
今回の新メニュー。
白黒緑の、すっきりとした色のとり合わせ。
ブラックオリーブはマリネし、イカは風味をつけて火を入れてあります。
その奥に見えるのも、新メニューの、ポークフリット。
ややしっかりと味をきかせたボール状のおつまみ。
黒こしょうを効かせた、お酒のおとも。
f0110760_19103034.jpg



■キャベツとベーコンのキッシュ
おなじみのキッシュ。
食べやすくするためにペーパーで巻きますが、
このペーパーのむすびの立ち上がり自体が、インパクトのある姿となってくれます。
f0110760_19111478.jpg



■ポテトのピンチョス アイオリ添え
こちらも、今回の新メニュー。
ひとくちサイズに切ったジャガイモをフライにし、重ねて串刺しに。
にんにくの風味が効いたアイオリソースを添えて。
シンプルでいて、飽きない味。
f0110760_1912661.jpg



■クレソントースト
ひとくちサイズのフランスパンにクレソンをはりつけて、トースト。
チーズの風味が効いた、おつまみトースト。
ちらっと写っているのは、明太子の風味のクリームチーズ。
串でひょいと刺してつまんでもらおうという盛りつけ。
f0110760_19122892.jpg



■全体図/ピンチョスのテーブル
ずらっと並べてみたところ。
やはり、これくらいの数が揃うと気持ちいいですね。
今回、アシストで入ってもらったスタッフ2名の姿も。
f0110760_19133525.jpg



■全体図/丸皿のテーブル
フラットなピンチョスのテーブルに対し、
こちらは、高さを出して積み上げた盛りつけのテーブル。
手前左ベイクドチーズケーキ、手前右メキシカンラップロール、
奥左エビと卵のサラダ、奥右クレソントースト。
その奥の菱形の折りは、
なんともかわいらしい、指の先ほどのサイズの雛寿司。
今回の、もう一人のスタッフの姿も(左)。
f0110760_1914087.jpg


19:00のオープンから、22:00まで、
常時満員の、大盛況。
スタッフの方々も、忙しそうに動き回っていました。

今回、なによりもいいなあと思ったのは、
スタッフの方々の、自分の仕事を楽しんでいる姿。

いい人達が集まるから、いいショップになるのか、
いいショップだから、いい人たちが集まるのか。

楽しそうに仕事をする人のそばで仕事ができるってのは、
なによりもいい刺激になりますね。

仕事ではあったのですけれど、なんとも楽しい一夜でした。


■HOODS大阪
大阪市西区南堀江1-19-22-1F
06-6537-0822
NEIGHBORHOOD


ケータリングアシスタント
SACHIYO HISAKAWA, MIYUKI NODA, NOBUYUKI TSUGITANI


AKI TSUGITANI
[PR]

by foodlabo_ism | 2010-02-14 19:51 | ケータリング
2009年 07月 26日

ZERO724

さて、この週末の金曜日、
ケータリングに行ってきました。

今回は、フリーペーパー「0724」でお馴染みの、「株式会社0724」さんへ。
「泉の和プロジェクト」→「株式会社0724」への
社名変更お披露目パーティーです。

じつは、この会社の代表者は、高校時代の同級生の女の子。
波切ホールで行なっていた数年前の料理クラスに、
私の料理教室とは知らず、偶然申し込みをしてくれて再会し、
つい最近、彼女の会社が「フリーペーパー0724」を作っている事を知りました。
で、さらに、話が進むと、「フリーペーパー0724」の編集長は、
なんと、小学校時代の同級生の男の子。なのでありました。

なんだか、不思議なご縁を感じつつ、
ケータリングの打ち合わせが始まった。。という訳です。

今回は、0724(=岸和田界隈の旧市街局番)にちなんで、
泉州の食材などを取り入れたメニュー構成です。
お馴染みの食材も、ちょっと新しい感覚で楽しんでもらおう。という趣向です。


f0110760_12245713.jpg

まずは、全体図。手前の黒いクロスのテーブル2つ分が、Food Laboのブースです。
今回は、おもしろい器もいろいろと持っていきました。


f0110760_12263624.jpg

サラミトースト。 乾杯のお供に。
いたってシンプルな、おつまみのためのサクサクトースト。
真っ赤なまんまるサラミが印象的。


f0110760_1229326.jpg

泉州産たまねぎを使った、キッシュ。
泉州といえば..たまねぎ! たっぷりのたまねぎをじっくりと炒めてコクを引き出します。
たっぷりのチーズをちらして、こんがりと焼き上げます。
お客様にも、大好評でした。


f0110760_12311888.jpg

同じく、泉州産のたまねぎで作るドレッシングが主役のサラダ。
あくまでもドレッシングが主役なので、素材は、おいもとたまごの2種のみ。
たまねぎ自体を味わうような感覚のドレッシングです。
じつはこの器、ご近所にある古美術+骨董品屋で手に入れた花器。


f0110760_12334931.jpg

泉州といえば...の第2弾。 「水なす」です。
浅漬けは、いじらずざっくりと手で割くだけ。
西村生花店さんで探してもらったガラスの花器に、
ロックアイスをいれて水なすをさして、ひんやり涼やかな演出です。
(つとむ君、見てもらった絵のイメージに近い感じで盛りつけできましたよ!)

f0110760_1258974.jpg

おつぎは、泉州界隈でとれた、地穴子のフリット。
穴子といえば、天ぷら!で、ねぎしょうゆとかが好きな感じなのですが、
いつもとは違う感覚で、山椒風味のマヨネーズソースで食べていただきました。
ナチュラルなウッドのプレートに笹の葉を敷いて。


f0110760_1312527.jpg

今年のケータリングメニュー王。とでも言いたくなるくらいよく登場している、
ゆで豚の梅ソース。
食べごたえがあるのに、さっぱりとした風味で、いくらでもいけます。


f0110760_13542100.jpg

岸和田の地酒、「三輪福」を使った「鶏もも肉の酒クリーム煮込み」。
井坂酒造場さんにおじゃまして、あれこれ試飲させていただいて購入しました。
料理酒ではなく、いいお酒でつくると、
煮込み中からいい香りがふわふわと立ちこめて、しあわせ〜。な気分になりますよ。


f0110760_13134132.jpg

さてさて、これはなんだかわかりますか?
思いついた時に、むふふと思わず頬がゆるんでしまった甘いお楽しみ。
「村雨ショコラ」です。
泉州銘菓村雨とチョコレートの組み合わせ。
絶対いけるはずだ!!と思って試作してみたら、大ビンゴ。
チョコレートと村雨の比率のバランスを数回試しつつ、完成。
見た目も愛らしい一口ショコラケーキのお目見えです。
盛りつけた木の器、じつは、器ではなく、ケヤキの輪切り。
地車の街にぴったりだなあと思って登場させました。


f0110760_13175293.jpg

今回も、ロゴ入クッキーをオーダーしていただきました。
お帰りの際に、みなさんにありがとうの言葉とともに配られたお土産です。


f0110760_1943860.jpg

最後は、Food Labo → 株式会社0724 さんへのお祝いのおはなです。
製作はATELIER Rhythmさん。
依頼の際に、「水なすとたまねぎを使ったアレンジを。」
と無理難題を押し付けたにもかかわらず、軽々と想像を超えてくれた、さすがのセンスの持ち主。
会場の受付に飾っていただき、来場のお客さまからも、好評を得ていたようです。

と、こんな感じで無事終了しました。
いつもながら、ケータリングは、しんどいけれど楽しい!
ぐったりと心地よい疲労感に浸った、いい1日でした。

AKI TSUGITANI
[PR]

by foodlabo_ism | 2009-07-26 13:30 | ケータリング
2009年 06月 10日

陶芸教室 聖工房ケータリング@田舎家

今月の初めに行ってきたケータリングの様子です。
今回は、陶芸教室「聖工房(きよいこうぼう)」さんからの依頼。

窯焼(先生、合ってますか?)といって、3日間ほど交代で徹夜しつつ焼き続け、
焼いた日数と同じだけ(3日間)ゆっくりと冷まし、
約1週間かけてはじめて、器を取り出せる日、窯出し。
その一大行事の打ち上げでのお料理の依頼です。

場所は、なんと古民家!
うちあわせの段階から、テンションも大幅↑。


f0110760_17212515.jpg

こんな感じで、土間があったり、

f0110760_1722593.jpg

庭が見渡せたり、

f0110760_17223467.jpg

囲炉裏(!!)があったり、、

スタッフと私、
4人とも、荷物を運び込んだ瞬間、テンションがメーター振り切れるほどに↑↑。
「素敵すぎる」「えーなー」と、口をついて出て来るのはそんな言葉ばっかり。

しかも、普段のたいていのケータリングは
こちらから、シンプルな大皿やアクリル板などを持っていって盛りつけをするのですが、
今回は、陶芸教室のみなさんの作った器をお借りして、
そこに盛りつけることに!

打ち合わせの段階で思いつき、
ダメもとで提案してみたところ、快くOKサイン。
そこからは、器の写真とサイズのデータを何度かやり取りして、、
と、そんな感じでむかえた当日です。


f0110760_1731159.jpg

まずは、神経衰弱のごとく、料理の入った容器と盛りつけ予定の器のマッチング。
あらかじめ、組み合わせを決めておいた指示書と、
実際のお皿を見比べて組み合わせていく作業。
実物を見ると、組み合わせの変更指示続出。

f0110760_17345572.jpg

写真は、なんとか組み合わせを決め、盛りつけ後の全体図。
右端の向こうには、囲炉裏があって鍋には、すり流しを準備しました。

今回のお料理はこんな感じ↓
f0110760_17371934.jpg

まずは、生春巻き。いただきものの手作り柚子こしょうを添えて。
おしょうゆでさっぱりと食べていただきます。
別のお皿にはこんな感じで↓
f0110760_17384865.jpg


f0110760_1739172.jpg

こちらは、タコの和風マリネ。
色んなサイズのいろんな器に盛りつけてみました。
普段は、けっこうたっぷりどかどかと盛りつけてしまうのですが、
今日は、ぐっとこらえて、少しずつ。
余白もきれいに残しながらの盛りつけです。
色や絵の入った器は、ほとんど持っていないので、
うまく盛りつけられるかどうか心配でしたが、どうにかうまくおさまりました。

f0110760_17431367.jpg

ごまのし鶏。白と黒のゴマをかけわけて
市松模様風に盛りつけてみました。
高さとサイズがぴたっと合うように、焼き方と切り方に一工夫した一品。

f0110760_1745886.jpg

この器に関しては、ぱっと写真を見たときから、しょうゆ卵!と決めていました。
四角の器に丸い卵。
やっぱり想像通り、しっくりいきました。

f0110760_17485128.jpg

一口サイズの揚げ物も登場しました。
中は、たっぷりのお野菜を包み込んだ豚巻きフライ。
豚よりも中身がメインな、さっぱりとした揚げ物。
たっぷりのおろしとポン酢を添えて。

f0110760_17504331.jpg

この器は、直前にお知らせしていただいたもので、
もともとは使うリストには入っていなかったのですが、
当日、実際に見てみると、大きさにびっくり!
かなりのインパクト。
これをどうしても使いたい、、で、やはりこの器には主役級のものでしょう!
というわけで、ゆで豚肉の梅だれをどどーーんと盛りつけてみました。

f0110760_17533363.jpg

ごはんものもということで、細巻きを3種用意しました。
写真は、長ひじきの明太子炒めを芯にしたもの。
あとは、きゅうりの塩揉みを巻き込んだものと、
黒米ごはんにチーズを巻き込んだもの。

f0110760_1803497.jpg

やや大きめの赤い片口には、紅白のらっきょうを盛りつけてみました。
器の外側の色とほんのり赤いらっきょうを、リンクさせた盛りつけです。

f0110760_17554823.jpg

とりあえず、まとまった感じです。
ずらっとお皿が並ぶ様子は圧巻。
素敵な器ばかりでした。これ欲しい!というものも多数!


別室に移り、囲炉裏のある場所へ。
f0110760_17573146.jpg

打ち合わせの段階で、囲炉裏があるんですよ〜という話から盛り上がって、
じゃあ囲炉裏も使いましょう! ということで、
汁物を用意。鮮やかな色がインパクト大。
かぼちゃのすり流しです。
一番だしと、隠し味にバターを少し。
あとは塩のみで味を整えたシンプルな和風ポタージュです。


食後のお楽しみにはケーキを。
f0110760_1824434.jpg

このピアノのお皿も、何を盛るか悩みましたが、
ある瞬間、「テイータイム」って感じ!とひらめき、
ケーキに使うことに。
ビンゴ!でした。

最後は、教室の先生から生徒さんへの記念のクッキーです。
f0110760_185778.jpg

聖工房さんのロゴ入クッキー。


さて、今回は、お客さんの持参してくれた器に盛りつけるという、
どきどきしつつも、やりがいのあるお仕事をいただき、
いろいろと勉強になることも多数。
早朝からの仕込みや準備で、大変でしたが
充実した1日となりました。
スタッフ達も、皆、楽しく充実した1日となったようです。

工房のみなさん、たくさんの器の準備、
ありがとうございました!
陶芸教室「聖工房」

ケータリングアシスタント:KEIKO MURAGAWA, SACHIYO HISAKAWA, MIYUKI NODA

AKI TSUGITANI
[PR]

by foodlabo_ism | 2009-06-10 18:17 | ケータリング
2009年 05月 01日

美容室 SOWACA オープニング

今週始めのケータリングの様子です。
5/1オープン。
ご近所さんにできた美容室「SOWACA」さんです。

今回は、ほとんどフード。
ケーキはチーズケーキのみをお届けしました。


f0110760_2243035.jpg

お店の入り口正面。


f0110760_221184.jpg

全体図。テーブルと、作り付けのカウンター(?)の上へのセット。


f0110760_2252844.jpg

まずは、アボカドと豆腐のカルパッチョとプチトマトのピリ辛。
グリーンと赤のコントラストで。


f0110760_226399.jpg

こちらは、前回の料理クラスでも実習した、キャベツの春巻き。
クラスでも一番の人気でした。


f0110760_228626.jpg

アクリル板に3種。 和風生春巻き、しょうゆ漬けたまご、れんこんのはさみ揚げ。
さっぱり、まったり、しゃきしゃき、の食感の違いを楽しみます。


f0110760_22114479.jpg

メインの煮込み2種。 和風デミグラスソースの豚角煮、鶏もも肉のクリーム煮込み。
追加でいただいたオーダーです。 白と茶色の組み合わせもいい感じにまとまりました。


f0110760_22141050.jpg
10
メイン、パート2。 ゆで豚肉の梅だれ。やわらかい豚肉に、シャキシャキの薬味野菜をたっぷりとのせて、梅だれをかけて。こちらは次回のクラスで実習予定の一皿。


f0110760_2218506.jpg

穀物。当初、黒米のご飯とタコ飯の2種を予定していたのですが、追加の煮込み2種が入ったので、せっかくだからソースもたのしんでほしいな〜と思い、パンを組み合わせてみました。

いつもながら、、、
オープン直前のお店の空気や、スタッフの方々のお話をうかがっていると、
こちらまで、どきどきしてきます。
同じ事を長く続けていると、ついつい忘れがちな、フレッシュな気分を、
ケータリングに行くたびに思い出させてもらっています。

SOWACAさんは、南海岸和田駅南口、東へ向かった所。
福祉センターの向かいにあります。

AKI TSUGITANI
[PR]

by foodlabo_ism | 2009-05-01 22:31 | ケータリング
2009年 04月 05日

ネイルサロン MARIE LAURE ケータリング

昨日の土曜日に行ってきたケータリングです。
今回は、ネイルサロン、MARIE LAUREさんのオープニングパーテイーです。


f0110760_2184433.jpg

セット後の全体図。今回は、デザートのみの構成です。


f0110760_21936.jpg

いつものケーキ。今回は、全部茶色のペーパーで包み、所々にアクセントのグリーンのペーパーを使用。


f0110760_2193270.jpg

お土産用にと依頼された、ロゴ入クッキー。 パッケージ後の姿、かわいかったのに、写真を撮り忘れてました。。


f0110760_2182413.jpg

タルト2種。 生チョコレートとレモンクリーム。 今年のケーキ部門の目標であったタルト製作。できてきました。


f0110760_21101335.jpg

いちごのパンナコッタ。カップが小さいので、いちごをどう飾るかが、悩みどころでした。あれこれ考えた末、スライスに!


f0110760_2110304.jpg

抹茶風味のさつまいもあんトリュフ。ホワイトチョコレートでコートした中身は、色鮮やかなグリーンの、さつまいもあん。ピックを刺して、インパクトのある姿に。


f0110760_2111288.jpg

ずらり、勢揃い。

あれやこれやと悩んだり考えたり、黙々と作業したり、準備はかなり大変なのですが、
出来上がるといつもながら、自分のスキルもちょっとアップかも、、、などと嬉しい事だらけ。
素敵なネイルサロンでの、楽しいセッテイングでした。

ケータリングアシスタント : NOBUYUKI TSUGITANI

AKI TSUGITANI
[PR]

by foodlabo_ism | 2009-04-05 21:21 | ケータリング
2009年 01月 12日

dance speace DEEP

今日のアップ3つめは、ケータリングです。

さて、3連休最終日。
今朝は、7時前からお店に入り、
ケータリングの準備&出張をおこなってきました。


f0110760_1922024.jpg

キャベツとベーコンのキッシュ。今回はパイ生地から手作りしました。食べやすくカットし、ひとつずつペーパーで包んで。

f0110760_19221874.jpg

エビと半熟卵のサラダ。 こちらは、ひとつずつカップに入れて。エビの赤と卵の黄色がきれいな1品。

f0110760_19223775.jpg

鶏もも肉とほうれん草のトマト煮込み。 ほうれん草を巻き込んだ鶏もも肉を、食べやすくカットし、串をさしてピンチョススタイルに。1口サイズでも食べごたえあり。な1品。

f0110760_19225680.jpg

ゆで野菜とメルバトースト2種のデイップで。ツナマヨデイップと、ガーリックマヨデイップの2皿を用意。野菜だけで食べても、トーストにのせて食べても。

f0110760_19231354.jpg

プチトマトと生ハムのマリネ。これもピンチョススタイルに。赤が好きな依頼主が気に入るかな〜と思いながら作った1品。

f0110760_19233383.jpg

こちらはアップ。

f0110760_19234940.jpg

メキシカンラップロール。お得意のLabo風メキシカン。 ケータリングのときは、マッシュポテトを加えて、水分対策をしていきます。

f0110760_1924337.jpg

「DEEP」ロゴ入クッキー。これはケータリングで登場するのは2度目なのですが、
やはり自分のお店や教室のロゴが入っていると、みなさん喜んでくださいますね。

f0110760_19242138.jpg

全体図。 ちょっとぎゅうぎゅう感がありますが、なんとか収まりました。
やはり黒いクロスだと、お料理が映えますね〜。無事終了。


連休はけっきょく、ほとんど仕込みに追われましたが、
終わってみれば、いつもながら、「やってよかった〜!」
この一言につきます。
今回も無事終了。よかったよかった。

ケータリングアシスタント : YUKO AMAMI

food editor A.Tsugitani
[PR]

by foodlabo_ism | 2009-01-12 19:39 | ケータリング
2007年 12月 07日

wish オープニング パーティーフード

先日、岸和田 西之内町にある天然石等を扱うお店「wish」さんから
オーダーをいただき、パーティーフードを製作しました。

今回は、Food Laboや料理教室だけでない、
food editor としての私の活動を少し紹介します。
こんなこともするんですよ。

f0110760_19432643.jpg

これは、完成した料理をずらっと並べて撮ったもの。
「一口でかるくつまめるもの」という依頼に応えるべく、
あれこれ頭を悩ませつつ、イメージを膨らませていきます。
頭に描き、絵に書き、イメージを起こし、一気に製作にかかります。


f0110760_19465547.jpg

Labo時代のお馴染みメキシカンタコスを、パーティー用にアレンジしたもの。
レッドキャベツを使って、色鮮やかに。きれいな切り口が姿をあらわします。
サルサソースを別添えにして。


f0110760_19494427.jpg

エビと半熟卵のサラダ。
トレビスの紫が、いいアクセントになり、シックで大人っぽい仕上がり。
これを、例えばサニーレタスにすると、ぐっとカジュアルな雰囲気になります。
ちょっとしたことで、ずいぶん印象って変わるものなんですよ。


f0110760_19515133.jpg

マッシュポテトとソーセージ。
誰もが食べることのできるであろう、
オーソドックスなメニューを組み込むのも大事なポイント。
たくさんの人が集まる場ですから、そういった配慮も必要ですよね。
ただ、普通のものを普通に終わらせるわけにはいきません。
同じサイズ、同じ向き、同じ色に仕上げて、
整然と並べます。 ほら、普通が普通でなくなるでしょ。

..と、こんな感じで、6品お渡ししました。

仕事後、wishさんに少しお邪魔してみました。
温かみのあるナチュラルな雰囲気の空間に、
色とりどりの天然石が、ずらりと並んでいました。
興味のある方はいちど訪れてみてはいかがですか。

「wish」
岸和田市西之内町13-41
http://www.wish-gems.com

food editor A.Tsugitani
[PR]

by foodlabo_ism | 2007-12-07 20:04 | ケータリング
2007年 03月 25日

ナカイデンタルオフィス オープニングパーティー

先週の土曜日の、ナカイデンタルオフィスオープニングパーティー。
(http://blog.livedoor.jp/yuutan3342/)
当日、お天気はあいにくの雨でしたが、
パーテイーはアットホームな雰囲気で、和やかに進みました。

Food Labo / Catering部門(現在は、私と私のパートナーの「ex. Labo」)による、
パーテイーフードをちらっと紹介。
実は、ランチ、料理クラスだけでなく、こんな活動もしているんです。

写真は、ずらっと料理を並べた様子。
Labo時代からの定番である、うずら卵醤油マリネをはじめ、
一口カツピンチョススタイルやビーンズサラダ、
コントラストが美しい黒パンの一口サンドイッチ、
玄米を使ったスップリなど。
f0110760_19164583.jpg



次の写真は、Labo~Food Laboと、はや7年目に突入のお馴染み、
ベイクドチーズケーキ。パーテイーの時はいつもこんな風にキューブ型にします。
f0110760_19191235.jpg



最後は、これまた食後のお楽しみ。グラスパンナコッタ。
細いグラスに作り込みます。上にはきれいな色のソースをそっと流して。
なかなか神経を使う作業ですが、このビジュアルが好きなので、
機会がある時には登場させています。出来上がりを並べて眺めるのが嬉しい一品。
f0110760_19213394.jpg



色や、サイズ、かたちなど、普段とは違った角度からアプローチする、
時にはこんな非日常的な料理に取り組むのも楽しいものです。
日常料理と、非日常料理。
どちらも欠かすことのできない、Food Labo独自のバランス。

Eat & Cook Food Labo
A.Tsugitani
[PR]

by foodlabo_ism | 2007-03-25 19:45 | ケータリング