cafe + cooking class Food Labo

laboism.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 22日

自転車部 @ BFF / TOKYO

f0110760_1941677.jpg

ZINGARO以来、約2年半ぶりのトーキョー。
昨年からの念願であった、BFFへいざ!

BFF(バイシクルフィルムフェスティバル)。
2001年にニューヨークでスタート、
映画、音楽、アートを通して自転車文化を楽しむ祭典として開催され、
今年で7年目、世界16都市で開催。

初日は、18:00からのプログラム4(9作品)。
2日目は、プログラム5(5作品)とプログラム6(2作品)を。
f0110760_20330100.jpg

3分で終わるものから、90分近いものまで、さまざまなジャンルが登場。
シリアスなものから、ジョークみたいなものまでいろいろだ。
どれもそれぞれに面白く、ひとつひとつをここであれこれ書くのは大変!
興味がある人は、BFFのサイトをチェックして、
作品の紹介やスペシャルプレビューをぜひ読んでみてください。
いくつかの作品はDVD化されたりするようです。

作品がそれぞれに面白いのははもちろんだが、
このイベントのいちばんいいなあと思ったところは、
まずスタッフのみなさんが、もうほんとに自転車が好き!っていうのが
ありありと伝わるところ。
フィルムの字幕翻訳なんかも、
あれって多分、スタッフの人が翻訳作業をやっているんですよ。
そういう、好きなことに携わっている感が、たまらなく良かった。

フィルムも、(誤解を恐れず)恐ろしく単純に言えば、
「自転車をこいでいる。」
ただ、それだけ。
状況や、舞台となる国や街、ストーリーの違いはあるにせよ、
要は「自転車をこいでいる。」。
なのに、なぜこうも楽しくすがすがしい気分にさせられるのか。

足をくるくるまわすだけのシンプルな乗り物の奥深さを感じさせられる、
なんとも楽しい2日間でした。

初日の会場には、FAST FRIDAY のクルーがいたり、ルーカス ブルーネル監督がいたり。
もちろんBFFをはじめたブレントも。
フィルムの上映中も歓声や拍手がわき上がる、
アットホームな雰囲気の映画祭でした。
FAST FRIDAY の何人かは、床にねっころがってみていた人も。

f0110760_2113416.jpg

ブレント(一番右)、ルーカス ブルーネル監督(右から2番目)と
FAST FRIDAY のクルー。
中央の眼鏡の彼は、M.A.S.H.のライダーでもある、ダスティン クライン。

また来年も絶対来よう!
と、決意した岸和田自転車部幹部(←勝手に幹部。)4名でした。

BFF
FAST FRIDAY MOVIE

photos : Nagomi & A.Tsugitani

food editor A.Tsugitani
[PR]

by foodlabo_ism | 2007-12-22 21:10 | 日常茶飯事


<< 2007→2008      wish オープニング パーテ... >>