2017年 03月 11日

王道でど真ん中。結局強いのはたぶん、そこ。

こんにちは。

おだやかなよいお天気の土曜日です。
この1週間は、なんだかんだと忙しく、ぐったりお疲れモード。
今日もあれやこれやと用事をせっせと澄ませ、ようやく落ち着けそうです。

この夕方から明日にかけてちょっとのんびりと過ごしたら、
来週末3/19(日)には、CYCLE LETTERS @ 中之島での出店が控えています。

クセになる味わいのクスクス、焼き菓子に、Food Labo特製のチャイ!
久々のサングリア(なつかしの白のほうです!)も。
あれこれ楽しいのを仕込んで行きますよ〜。
どうぞお楽しみに!



さて、
来週3/13(月)からのお知らせです。

来週は、
トマト、新たまねぎ、人参、豆腐、
大豆、春キャベツ、鶏肉などを使った献立です。

このところ連続で登場している、春キャベツと新玉ねぎ、
来週はどんな風なメニューになって出てくるのかお楽しみに。


そして恒例の、ケーキとお茶です。

今日私は、
「ディンブラのミルクティー」を飲んできました。

この茶葉は、とあるサイトで目にした、ある説明によると、
「日本人が紅茶と聞いて思い浮かべる紅茶の味わい。」
だそうで、ほんとクセもなく飲みやすい。
ストレートでもミルクと合わせても難が無い、優等生の味わいです。
クセのない程よい渋みと、強すぎないほどよい風味。

可もなく不可もなく。といえばそれまでですけど、
それは言い換えれば、きちんと淹れてあげれば、
どうしたって美味しくなる子。ってことです。

途中からティーリストに加えたので、
小さい紅茶のメニューブックには載っていませんが、
お気軽にオーダーしてくださいね。

「ディンブラ」
名前の響きも良いです。

そして、
この優等生には、これまた優等生の「ベイクドチーズケーキ」を合わせるのが好きです。
定番×定番=安定の美味しさです。
ぜひどうぞ。


さて、ではまた明後日3/13(月)から
あったかごはんと、手作りのケーキと紅茶をたっぷりとご用意して、
みなさんのお越しをお待ちしています!

ケーキとお茶でほっとひと息。
変化の多い春先も、Food Laboで、リラックス。
f0110760_15460340.jpg
紅茶を本格的に飲み始めてからですから、かれこれ6〜7年くらいになりますか。
スコーンや、焼き菓子をせっせと焼くようになりました。

バターケーキも様々な作り方があって、
あれこれ試行錯誤しながら、自分なりのレシピで作ってきました。

一時期レジ横で販売していたものは、
甘さを控え、かつ、ずっしり感を出すために白あんを加えて作っていました。
長らくそのレシピで焼いていましたが、
ここ最近は、基本に戻るといいますか、
ごく普通の、いわゆる「パウンドケーキ」の王道の材料と作り方で焼いています。

とあるお菓子の専門家のかたの焼いたバターケーキのおいしさに目を見張り、
やっぱり、王道で、ど真ん中で、なおかつきちんと美味しいものを焼けるようになりたい!
と思ったのです。

いま、ふたたび焼き菓子熱が再燃中。
自分と家族のために、そして、オーダーくださったかたのために、
ごく普通に、あたりまえに美味しいものを焼いていきたいなあ。

お茶から始まる物語は、鼻炎だけにとどまらず、
焼き菓子なんていう、こんな所にまで波及していたわけです。

写真は、ホールでオーダーいただいたレモンバターケーキの焼き上がり。
これにアイシングをかけたら完成です。

3/19(日)のCYCKE LETTERS @ 中之島にも、少しですが焼き菓子もって行きますね。
どうぞお楽しみに。

AKI TSUGITANI



[PR]

by foodlabo_ism | 2017-03-11 16:05 | お知らせ


<< 憧れの地にて      お茶の前と後。180度の話と鼻... >>