cafe + cooking class Food Labo

laboism.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 26日

ZERO724

さて、この週末の金曜日、
ケータリングに行ってきました。

今回は、フリーペーパー「0724」でお馴染みの、「株式会社0724」さんへ。
「泉の和プロジェクト」→「株式会社0724」への
社名変更お披露目パーティーです。

じつは、この会社の代表者は、高校時代の同級生の女の子。
波切ホールで行なっていた数年前の料理クラスに、
私の料理教室とは知らず、偶然申し込みをしてくれて再会し、
つい最近、彼女の会社が「フリーペーパー0724」を作っている事を知りました。
で、さらに、話が進むと、「フリーペーパー0724」の編集長は、
なんと、小学校時代の同級生の男の子。なのでありました。

なんだか、不思議なご縁を感じつつ、
ケータリングの打ち合わせが始まった。。という訳です。

今回は、0724(=岸和田界隈の旧市街局番)にちなんで、
泉州の食材などを取り入れたメニュー構成です。
お馴染みの食材も、ちょっと新しい感覚で楽しんでもらおう。という趣向です。


f0110760_12245713.jpg

まずは、全体図。手前の黒いクロスのテーブル2つ分が、Food Laboのブースです。
今回は、おもしろい器もいろいろと持っていきました。


f0110760_12263624.jpg

サラミトースト。 乾杯のお供に。
いたってシンプルな、おつまみのためのサクサクトースト。
真っ赤なまんまるサラミが印象的。


f0110760_1229326.jpg

泉州産たまねぎを使った、キッシュ。
泉州といえば..たまねぎ! たっぷりのたまねぎをじっくりと炒めてコクを引き出します。
たっぷりのチーズをちらして、こんがりと焼き上げます。
お客様にも、大好評でした。


f0110760_12311888.jpg

同じく、泉州産のたまねぎで作るドレッシングが主役のサラダ。
あくまでもドレッシングが主役なので、素材は、おいもとたまごの2種のみ。
たまねぎ自体を味わうような感覚のドレッシングです。
じつはこの器、ご近所にある古美術+骨董品屋で手に入れた花器。


f0110760_12334931.jpg

泉州といえば...の第2弾。 「水なす」です。
浅漬けは、いじらずざっくりと手で割くだけ。
西村生花店さんで探してもらったガラスの花器に、
ロックアイスをいれて水なすをさして、ひんやり涼やかな演出です。
(つとむ君、見てもらった絵のイメージに近い感じで盛りつけできましたよ!)

f0110760_1258974.jpg

おつぎは、泉州界隈でとれた、地穴子のフリット。
穴子といえば、天ぷら!で、ねぎしょうゆとかが好きな感じなのですが、
いつもとは違う感覚で、山椒風味のマヨネーズソースで食べていただきました。
ナチュラルなウッドのプレートに笹の葉を敷いて。


f0110760_1312527.jpg

今年のケータリングメニュー王。とでも言いたくなるくらいよく登場している、
ゆで豚の梅ソース。
食べごたえがあるのに、さっぱりとした風味で、いくらでもいけます。


f0110760_13542100.jpg

岸和田の地酒、「三輪福」を使った「鶏もも肉の酒クリーム煮込み」。
井坂酒造場さんにおじゃまして、あれこれ試飲させていただいて購入しました。
料理酒ではなく、いいお酒でつくると、
煮込み中からいい香りがふわふわと立ちこめて、しあわせ〜。な気分になりますよ。


f0110760_13134132.jpg

さてさて、これはなんだかわかりますか?
思いついた時に、むふふと思わず頬がゆるんでしまった甘いお楽しみ。
「村雨ショコラ」です。
泉州銘菓村雨とチョコレートの組み合わせ。
絶対いけるはずだ!!と思って試作してみたら、大ビンゴ。
チョコレートと村雨の比率のバランスを数回試しつつ、完成。
見た目も愛らしい一口ショコラケーキのお目見えです。
盛りつけた木の器、じつは、器ではなく、ケヤキの輪切り。
地車の街にぴったりだなあと思って登場させました。


f0110760_13175293.jpg

今回も、ロゴ入クッキーをオーダーしていただきました。
お帰りの際に、みなさんにありがとうの言葉とともに配られたお土産です。


f0110760_1943860.jpg

最後は、Food Labo → 株式会社0724 さんへのお祝いのおはなです。
製作はATELIER Rhythmさん。
依頼の際に、「水なすとたまねぎを使ったアレンジを。」
と無理難題を押し付けたにもかかわらず、軽々と想像を超えてくれた、さすがのセンスの持ち主。
会場の受付に飾っていただき、来場のお客さまからも、好評を得ていたようです。

と、こんな感じで無事終了しました。
いつもながら、ケータリングは、しんどいけれど楽しい!
ぐったりと心地よい疲労感に浸った、いい1日でした。

AKI TSUGITANI
[PR]

by foodlabo_ism | 2009-07-26 13:30 | ケータリング


<< Food Laboレシピブック...      陶芸教室 聖工房ケータリング@田舎家 >>